HOME > Henri Herz
Henri Herz
(1803年1月6日 - 1888年1月5日)

アンリ・エルツ(Henri Herz, 1803-1888)は、オーストリア出身のピアニスト・作曲家。ウィーン生まれ。父親から音楽の手ほどきを受けた後、コブレンツにてダニエル・ヒュンテン(Daniel Hünten, 1760-1823、フランツ・ヒュンテンの父)に師事。1816年にはパリ音楽院に入学し、プラデール、ドゥルラン、レイハに学び、1818年の選抜試験ではピアノで一等賞を獲得している。1821年にモシェレスがパリにやって来ると、エルツは彼を手本に研鑽を積み、自らの演奏技法を改善させた。

1831年には、ヴァイオリニストのラフォン(Charles Philippe Lafont, 1781-1839)と共にドイツへの演奏旅行を実施し、1833年には、ロンドンを訪れた。ロンドンには、その後もたびたび訪れ、モシェレスやJ.B.クラーマーとの共演も行っている。1838年と1839年には、再びラフォンと組んでオランダと南仏を訪れたが、この旅行はラフォンが乗合馬車から転落死するという悲劇で幕を閉じることとなった。1842年には、パリ音楽院の教授に就任し、1874年に辞職するまで後進の育成に貢献している。1843年には、ロンドンを再訪し、エディンバラやダブリンでも演奏会を開いた。

エルツは、作曲家や演奏家として活動する傍ら、ピアノ製造にも着手している。彼が最初に携わったのはクレプフェル(Henri Klepfer, 生没年不詳)という業者であったが、その事業は失敗に終わり、多額の損失を生むこととなった。それから、彼は自らの工場を立ち上げたが、この工場にはコンサート・ホールも併設され、芸術家たちの華々しい舞台となった。1846年から1851年にかけて、ピアノ製造事業での損失を埋め合わせるために、エルツは、アメリカへの演奏旅行を実施したが、その時の体験は、後に著書『我がアメリカ旅行 Mes voyages en Amérique』(1866)に記され、彼の著述家としての評判を生むこととなった。帰国後、エルツは、再びピアノ製造に熱を入れるが、今度はエラールやプレイエルに匹敵する高品質な楽器を造ることに成功し、1855年のパリ万博で一等賞を獲得している。

作品は、ピアノ曲が中心で、歌劇などの人気旋律に基づいた華麗な変奏曲や幻想曲が多い。中でも、《カラーファの「すみれ」のカヴァティーナによる序奏とフィナーレを伴う華麗なる変奏曲 Op.48》や《ロッシーニの「シンデレラ」のカヴァティーナによる変奏曲 Op.60》は、当時高い人気を誇った作品である。他には、サロン向けの小品や練習曲などがあり、また、ピアノ協奏曲も8曲残している。

作曲家名の別表記Enrico Herz、Herz jeune
inserted by FC2 system