HOME > Antoine de Kontski
Antoine de Kontski
(1817年10月27日 - 1899年12月7日)

アントワーヌ・ド・コンツキ(Antoine de Kontski, 1817-1899)は、ポーランド出身のピアニスト・作曲家。クラクフ生まれ。父グレゴワール(Grégoire de Kontski)に音楽の手ほどきを受けた後、ワルシャワでマルケンドルフ(Johann Markendorf)に師事。1829〜30年には、モスクワでフィールドの指導を受け、その後、ウィーンでゼヒターに作曲を学んだ。

コンツキは、生涯に亘って世界を股に掛けた活動を行ったピアニストであった。彼は、一通りの修業を済ませると、数々の演奏旅行を実施し、その後、1851年(?)までパリで過ごした。パリでは、タールベルクのレッスンを受ける機会も得ている。それから、コンツキは、1851年から1853年にかけてベルリンで宮廷ピアニストを務め、1854年から1867年にかけてはサンクトペテルブルクで過ごした。その後は、ロンドンに定住し、1883年にはアメリカへと渡った。1897年(?)には、80歳の高齢にしてオーストラリア、ニュージーランド、極東(日本も含む)、ロシア、ポーランドを巡る大規模な演奏旅行を決行している。

作品は、ピアノ曲が中心で、特に、《ライオンの目覚め, 英雄的奇想曲 Op.115》は、世界的な人気作となった。他には、歌劇、交響曲、ピアノ協奏曲、序曲、宗教曲などの作品がある。演奏家としては、繊細なタッチと華麗な技巧により人々を熱狂させたが、一方で、深みに欠ける演奏であると批判されることもあった。

コンツキ家は音楽一家であり、アントワーヌの兄弟4人も皆音楽家として活躍した。兄シャルル(Charles de Kontski, 1815-1867)はヴァイオリニスト、姉ウジェニー(Eugénie de Kontski, 1816-?)は声楽家、弟スタニスラス(Stanislas de Kontski, 1820-?)はピアニスト、その下の弟アポリネール(Apollinaire de Kontski, 1825-1879)はヴァイオリニストとして活躍した。なお、アポリネールは、1861年にワルシャワ音楽院を設立し、その院長を務めている。

作曲家名の別表記: Chevalier de Kontski、Anton de Kontski、Anton von Kontski、Antoni Kątski
inserted by FC2 system