HOME > Gustav Lange
Gustav Lange
(1830年8月13日 - 1889年7月20日)
Gustav LangeIMSLP Petrucci Music Library より 加工・転載

グスタフ・ランゲ(Gustav Lange, 1830-1889)は、ドイツのピアニスト・作曲家。エアフルト近郊のシュヴェーアシュテット(Schwerstedt)で生まれた彼は、父に音楽の手ほどきを受けた後、ベルリンでA.W.バッハ、グレル、レシュホルン、G.シューマンに師事した。1860年から1870年にかけては、演奏家として舞台に立ち、大きな成功を収めたが、それ以降は作曲活動に専念するようになった。

作品は、ほとんどがサロン風のピアノ小品で、作品番号は493にまで達している。その中でも《花の歌 Op.39》は有名で、今日においても発表会の定番曲となっている。

作曲家名の別表記: Gustave Lange
inserted by FC2 system